JFXMATRIX TRADER

(ユーロ米ドル日足)

昨日の東京市場が終わったところでユーロドルは下落。8月15日に付けた今年最安値を下回ると損切りを巻き込みながら1.1240まで下落。
13日のイタリア予算修正案が欧州委員会への提出期限を控え悲観的な見方が広がったためだ。
この日ディマイオ伊副首相が「EUの財政規律を順守することは自殺行為」と発言。ユンケル欧州委員長も「イタリアとEUの関係を懸念している」などイタリアが欧州委員会への回答は変わらないとの見方が広がった。
デギンドスECB副総裁が「イタリアをはじめ欧州で再び公的債務の持続性に対する懸念が浮上。ユーロ圏周辺国への波及リスクが高まっている」と発言したこともユーロ売りを加速させた。
今日の結果を先取りした格好であり実際にEUの財政規律を守らないとしてもそれ程大きな下げにはならないとみる。
ただ、節目の1.13ドルを割り込んだことでこのレベルはサポートからレジスタンスに変わったとみる。

ユーロドル予想レンジ:1.1280~1.1180(61.8%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事