(米ドル円日足)

週明け東京市場では先週末のNY株式市場が下落したことで日経平均株価も下落して始まった。しかし、その後は上昇に転じ上海総合指数も堅調な地合いで推移したことからドル円はこの日の高値となる114円23銭まで上昇。しかし、その後はユーロやポンドなどのクロス円の下げに押されて114円付近まで下落。
NY市場では株式市場が三指数ともに大幅安となったことでリスクオフの円買いが進むとドル円は113円67銭まで押し戻された。
ただ、ドル高も同時に進行したことで下値も限定的となった。
今日の東京市場でも株価が下落して始まると予想されドル円も上値が抑えられるとみる。
注目は今日のNY株式市場の動向に集まる。
昨日はベテランズデーで為替や債券市場が休場となり薄商いの中での動きで、その反動がみられるようならドル円は再度114円を試す展開を予想する。
ただ、10月に付けた今年最高値となる114円55銭を市場は意識しており、このレベルの手前では売りが出やすい。
114円20銭にはボリンジャーバンドの上限が位置していることから上値が抑えられそうだ。
ただ、ドル高の流れに変化はないとみており押し目買いスタンスで臨みたい。

ドル円予想レンジ:114円20銭(BB上限)~113円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事