JFXMATRIX TRADER

情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月12日 月曜日

米国株について
米国株は201ドル安の25989ドル。
短期暴騰に伴う利益確定と戻り売りで右肩下がり。午後の安値では309ドル安となりますが、その後は引けにかけて買い戻され、201ドル安で取引終了。

米国株 日中足チャート
181112d.png

米国株 日足チャート
181112d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.77%安、ナスダックは1.65%安、S&P500指数は0.92%安。
主要3指数が揃って下落。

〇S&P500指数業種別
上昇率の高い順
生活必需品、不動産、公益

下落率の高い順
情報技術、一般消費財、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
11銘柄が上昇、 19銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
ウォルト・ディズニー 1.72%高、P&G 1.15%高、ファイザー 0.98%高、コカ・コーラ 0.71%高、ウォルマート 0.65%高

下落率の高い順
ゴールドマン・サックス 3.89%安、キャタピラー 3.41%安、シスコシステムズ 2.75%安、マイクロソフト 1.95%安、アップル 1.95%安

〇経済指標
11月のミシガン大学消費者信頼感指数速報値は98.3になりました。
市場予想を少し上回るも、前月の98.6から少し低下。

〇需給面は良好
201ドル下落しましたが、需給面は良好だと考えています。
現在の株価は75日線、100日線、200日線を上回っています。10月の暴落で3本線を完全に下回っていましたが、そこから一気に上抜けました。仮に75日線を下抜けても、次は節目となる25500ドルに100日線が通っいるので、強い下値抵抗があります。これは下値不安後退で買い安心感につながるはず。

一方で、上値抵抗になるのは26500ドル付近。9月の高値になりますから、この付近まで上昇してくると戻り売りが出やすくなります。

〇1銘柄でダウ平均を61ドル押し下げた
201ドルも下げたわりにはダウ構成銘柄のうち10銘柄が上昇しています。その背景には、大きく押し下げた銘柄あり。
ゴールドマン・サックスが3.89%安となり、1銘柄でダウ平均を61ドル押し下げています。その次がキャタピラーの3.41%安で30ドル、アップル 1.93%安で27ドル、スリーエム 1.46%安で20ドル、合計4銘柄で138ドル押し下げており、これを差し引けば前週末のダウ平均は60ドル程しか下げていません。

〇短期暴騰に伴う利益確定と戻り売り
直近安値からおよそ1750ドルも上昇(取引時間中の安値からはおよそ2000ドルも上昇)していたことで、利益確定と戻り売りが優勢になったと考えています。

〇当然の調整(下落)
これだけ上昇してくれば当然の調整なので、とくに注視するところは無いと思いました。このような時は時間をかけて深く考えず、日本株の業績検証に時間をかけたいと思っています。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26200ドルで、下値は25800ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事