JFXMATRIX TRADER

FX入門者や初心者の方向けのコラムも第3回目となります。今回は「犬とその影」というイソップ寓話をご紹介します。このお話をご存知でしょうか。「犬と肉」または「犬と骨」というタイトルの方が、思い当たるかもしれません。

 

ある犬が肉(骨)を咥えて小さな橋の上を通りかかった時にふと下を見ると、自分のものより大きな肉(骨)を持った犬が見えました。まさか水面に映った自分とは知らず、その肉(骨)を奪うため(脅すため)に飛びかかった(吠えた)ので、肉(骨)を落としてしまった、という話です。

 

もともと存在しなかった肉(骨)を手に入れるために、本当の肉(骨)を無くしてしまったわけです。

 

FXを含む相場の世界でも、目の前の影の肉(骨)を欲しがったばかりに、大きな利益を逃してしまうことがよくあります

 

「相場に欲は禁物」、「腹八分目に医者いらず」、「天井売らず、底買わず」という格言があります。どれも一言でいえば、「欲張るな」ということです。

 

「あそこで買えば、もっと安く買えたのに」、「あそこで売れば、もうちょっと高く売れた」などと考えると、ろくなことはありません。「まあいいところで取引できたから、これでいいや」、と思えばいいのです。

 

「もう50銭取れたら、手元にはあと10万円残ったのに…」とか、ないものを計算しても始まりません。ピンポイントで勝てることなど、まずないのですから。

 

欲張って、影の肉を欲しがらないことです。もうちょっとと思う心でチャンスを逃してしまうと、それまでの苦労が水の泡となってしまうので。

 

FX入門者や初心者の方は、トレードする際には、いつも心に留めておいてください

Source: FX常勝方程式国会議員今井雅人〜FX 初心者の口座比較や入門書に〜

スポンサーリンク
おすすめの記事