(ポンド円日足)
AUD_USD_20181109_hiashi.jpg

ブレグジット協議合意期待から続いたポンド上昇もそろそろ一服感が出始めている。
米中間選挙が予想通りの結果となり市場全体にリスクオンの動きが強まる中で昨日のロンドン市場でポンド円は149円50銭まで上昇。このレベルは9月に付けた高値149円72銭とほぼ同レベルでもあり意識された。
日足ロウソク足チャートを見ると昨日は高値圏で天井のサインといわれる寄り引き同時線が現れたことで一先ず上昇も一服感が漂う。
週末ということで利食い売りが出やすく下押しの動きが強まるとみている。
ただ、ブレグジット交渉が合意に至るのも時間の問題という見方もあり、そうなれば昨日の高値を超えてボリンジャーバンドの上限となる150円前半を試す可能性もある。
一先ず利食い売りを出しておき、下げが限定的とみれば再度買いを入れてみたい。

ポンド円予想レンジ:149円70銭(9月21日高値)~148円40銭

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身の判断においてお取引ください。
Source: かざみどり

スポンサーリンク
おすすめの記事