情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月8日 木曜日

「 日本株について 」
本日の日経平均株価は401円高の22486円になりました。
米国株の暴騰を受けて買い先行。10時30分頃には高値となる498円高の22583円まで買われるところがありました。その後は売りに押されて上げ幅縮小。後場は22500円付近で揉み合いながら401円高で取引終了。

日経平均 日中足チャート
181108j.png

日経平均 日足チャート
181108j2.png

〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は2兆7261億円、売買高は15億3779万株。
値上がり銘柄数は1733、値下がり銘柄数は324、変わらずは54銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
32業種が上昇、1業種が下落
上昇率の高い順
石油石炭、鉱業、その他製品、電気・ガス、水産・農林、医薬品
ゴム製品のみ下落

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は189、値下がり銘柄数は34、変わらずは2銘柄でした。
上昇率の高い順
明治HD 8.43%高、ニチレイ 7.59%高、昭和シェル石油 7.58%高、ダイキン工業 6.82%高、デンカ 6.47%高

下落率の高い順
パイオニア 4.12%安、オークマ 2.37%安、ユニチカ 2.24%安、ブリヂストン 2.15%安、東洋紡績 2.00%安

〇米国株の暴騰が大きな買い材料
ダウ平均は2.13%高(545ドル高)、ナスダックは2.64%高、S&P500指数は2.12%高。
中間選挙後の米国株主要3指数が揃って暴騰。これが大きな上昇要因になりました。

〇内需が強かった
400円も暴騰しているので32業種上昇していますが(ゴム製品のみ下落)、その中でも内需関連が大きく上昇しています。逆に、輸送用機器は33業種中32位、電気機器は30位となり外需関連株が控えめでした。

〇2本線の間で推移
75日線と100日線の間で推移しています。
181108j3.png
181108j4.png

米国株は3本の線を大きく上抜けましたが、日本株は75日線だけクリア。
直近安値から1500円も短期暴騰しているうえ、本日高値で500円も上昇すれば上値も重くなります。とりあえず1本線クリアで上出来。

〇上値の壁
22500円から23000円の間が上値の壁。
ここまで上昇すると、利益確定と戻り売りも出てきます。

〇選挙も終わってみれば買い材料
米国における中間選挙の結果、上院が与党・共和党で下院が民主党の「ねじれ議会」に。
前日の日本株は、取引時間中に「ねじれ」が分かり後場下落。

しかし、米国株は545ドルも暴騰。
議会が一つになろうとねじれようと、上院が与党なら買いという判断に。通常「ねじれ」は対立なので嫌気されるものですが、政策にも大きな影響は無く、これまで通りという見方。選挙も終わってみれば買い材料という感じ。

今回の選挙と株価動向は分かり難いものでした。
前日の後場下落が示すように「ねじれ」を警戒して売り出していたら・・・米国株の暴騰でビックリすることになります。そして日本株も暴騰で2度ビックリ。私は予想していないのでビックリしていませんが。今回の投資法は「先読みせず、なるようになる」でした。

本日は「勉強できる私の買い付け」を更新しています。

タイトルは・・・私の損切りルールを別角度でご説明

「勉強できる私の買い付け」とは
私の取引から勉強していただけると判断したものを、1ヶ月数銘柄(1週間に1銘柄程度)限定で紹介しているブログです。
「私の取引について」のご説明はhand02[1]こちら
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事