情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gifメール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月8日 木曜日

米国株について
米国株は545ドル高の26180ドル。

中間選挙は波乱無く終了。ビッグイベントが無事に通過したことで取引開始直後から急騰。その後も勢いは止まらず、右肩上がりになりました。

米国株 日中足チャート
181108d.png

米国株 日足チャート
181108d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は2.13%高、ナスダックは2.64%高、S&P500指数は2.12%高。
主要3指数が揃って暴騰。

〇S&P500指数業種別
11業種全てが上昇しました。
上昇率の高い順
素材、資本財、公益、情報技術、通信、生活必需品

〇ダウ構成銘柄の動向
29銘柄が上昇、 P&G のみ下落 0.24%安
上昇率の高い順
キャタピラー 4.46%高、ユナイテッドヘルス 4.21%高、マイクロソフト 3.94%高、ファイザー 3.23%高、ダウ・デュポン 3.12%高

〇中間選挙の結果を受けて暴騰
選挙の結果、上院が与党・共和党で下院が民主党の「ねじれ議会」に。
議会が一つになろうとねじれようと、上院が与党なら買いという判断に。通常「ねじれ」は対立なので嫌気されるものですが、政策にも大きな影響は無く、これまで通りという見方。

大統領選と似ている
大統領選でヒラリー・クリントン氏が負けてトランプ政権誕生の時もそうでした。多くの市場関係者は株価暴落を予想しましたが、真逆で暴騰したのです。これが選挙と株式相場。あと、トランプ氏は「持っている人」なので。

〇下値不安が一気に後退
直近安値から1700ドルほど暴騰しているのでいつ下落(調整)してもおかしくありませんが、本日の暴騰で下値不安が一気に後退したと考えています。株価でみると25000ドルから25500ドルの間が厚い下値の壁に。

〇3本の移動平均線を上回る
75日線、100日線、200日線、3本の移動平均線を上回っています。
181108d3.png

これらの線も下値抵抗になります。

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は26450ドルで、下値は25950ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  
皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事