※移動平均線を中心とするテクニカル分析を用いたFXのやり方(ドル円・ポンド円・ユーロ円のデイリー予想)です。 日足、8時間足、4時間足で取引展望を予想しています。   ドル円予想 方針:様子見(買いで検討) 11/6陽線でクローズ。10/31~11/5の高値を更新してクローズ。 下値の切り上げ、MAの並び順、BBのエクスパンション、MACDもゴールデンクロスを含めて上昇方向への力が大きいことは確か。 ただし、米中間選挙の結果によってはトレンドがどうなるか不透明、値幅も大きくなることから様子見が安全。 結果が出てトレンドが判明してから参入でも遅くはないと考える。     ポンド円予想 方針:様子見(買いで検討) 11/6陽線でクローズ。149円台へ迫る上昇で、日足BBもついに+2σ圏へ突入している。 今後はやはり前回高値149.50~149.70を上抜けるかがポイント また、日足のMAの並びが上から200SMA,5EMA、20EMA,40EMAとまだ整っておらず、短期線や中期線が200SMAを上抜けるかも注視が必要。 尚、方針は「買い」で考えているものの、MACDは現在も0ライン上、日足200SMAは右肩下がりで推移の状況に変化はないため若干の不安要素もある。今後は反落した場合147.00台をキープできるかも注視が必要。 ただし、本日に関しては米中間選挙の結果次第で荒れた動きが予想されるため様子見、米中間選挙の結果を見てから動き出したいと考えている。   ユーロ円予想 方針:様子見(買いで検討) 11/6陽線でクローズ。日足40EMAを上抜き、BB+2σにタッチしたあたりでクローズ。 今後のポイントは130.30付近の日足200SMAを上抜けできるか。 尚、日足MAの並びが上から200SMA,40EMA,20EMA、5EMAとまだ上昇トレンド(上から短期線~長期線の順に並ぶ)の様相ではなく、MACDもマイナス圏での推移のため本格的な上昇までに反落など一波乱ありそうではある。 反落した場合は129.00台をキープできるかがポイント。 上記のため、現状では買い場を探しつつも129.00を下回れば一旦手仕舞いの方針で考えている。 尚、本日は米中間選挙の結果次第でどう展開するか不透明につき、”現状でのトレンド方向”が意味をなさない可能性もあるため様子見が安全と考える。 どの通貨ペアにも影響することではあるが、米中間選挙を控えていること、ブレグジット関連の突発的ニュースの存在など不安要素が多々あり相場の急変がいつ起きてもおかしくない状況が続いているため、ポジション量とリスクコントロール(損切り、利確)には十分に注意したい。   実際のエントリーは1時間足~5分足まで細かく見てからでないと決められません。 また、レンジ相場の場合レンジ幅によっては買いや売りのサインと似たサインが点灯しますが、レンジ上限下限での反転が見込まれるため、レンジの可能性+上限下限に近ければ売買サインが出ていても様子見と判断する場合もございます。 そのため、取引通貨ペアの選択、売買価格、取引手法、取引開始と終了のタイミングなど、投資に関わる全ての事柄について、最終決定はお客様(閲覧者様・もしくは閲覧者様と情報を共有される方)ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。   【進む人にだけ20,000円キャッシュバックのチャンス】 DMM.com証券    
Source: Money info

スポンサーリンク
おすすめの記事