JFXMATRIX TRADER

こちらを携帯でご覧になる場合、PCサイトで表示させると(PCサイトを表示する設定)、ブログの右側が表示され画面下部の広告は表示されなくなります。
---------------------------------------------------------------------------
情報誌に掲載されました。
詳しい内容は、HP「素人投資家の挑戦」上段をご覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------------------
niko.gif twitter
@mm333m 
niko.gif メール
---------------------------------------------------------------------------
「米国株について」を朝の8時頃、「日本株について」を夕方に更新しております。

11月5日 月曜日
米国株は106ドル安の25270ドル。
良好な雇用統計と前日までの強い流れを受けて200ドル近く上昇しますが、その後は右肩下がり。午後は25100ドルでダブルボトムを形成すると下げ幅縮小。

米国株 日中足チャート
181105d.png

米国株 日足チャート
181105d2.png

〇主要3指数の動向
ダウ平均は0.43%安、ナスダックは1.04%安、S&P500指数は0.63%安。
主要3指数が揃って反落。

〇S&P500指数業種別
2業種が上昇、9業種が下落しました。
上昇率の高い順
一般消費財、金融

下落率の高い順
情報通信、不動産、通信

〇ダウ構成銘柄の動向
12銘柄が上昇、 18銘柄が下落しました。
上昇率の高い順
シェブロン 3.20%高、エクソンモービル 1.59%高、ゴールドマン・サックス 1.20%高、マクドナルド 1.07%高、ベライゾン 1.03%高

下落率の高い順
アップル6.63%安、インテル 2.30%安、ファイザー 1.69%安、ボーイング 1.47%安、メルク 1.16%安

〇アップルが急落
アップルが6.63%安となり、1銘柄でダウ平均を100ドル押し下げました。他、ボーイングが36ドル押し下げており、これを差し引くとダウ平均はプラスです。

〇経済指標
10月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が25万人増になりました。
市場予想を大幅に上回っています。
失業率は49年ぶりの低水準となる3.7%で、賃金の伸びは9年半ぶりの高水準。雇用が増えて失業率が低下、そして賃金が上昇するという3拍子揃った良い結果。これを受けて、トランプ大統領は「信じられない数字だ」とツイッタ―に書き込んでいます。

大きく上昇した後は大きく売り込まれていますが、良好な雇用統計は長い買い材料になるはず。

〇利益確定と戻り売り
高値では、僅か4営業日で1000ドルを超える上げ幅になったこともあり、利益確定と戻り売りが出たと考えています。当然の調整(下落)です。

〇逆三尊型(ヘッドアンドショルダーズボトム)の可能性
引き続き同じ見方をしています。
----- 前週末に書いていた内容 -----
短期暴騰で一旦調整するとして、ここから下落もしくは25500ドル突破後に下落。25000ドル付近まで下げたところで押し目買いが入り再び25500ドルを目指す動きになれば、逆三尊型を形成。これは底入れのサインとされ、経験則では強含み。
----- ここまで -----

〇目先の上値抵抗と下値抵抗
上値は25500ドルで、下値は25000ドルになると考えています。

 ランキングへの応援(バナーをクリック)
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ  

皆さまからのクリック数で、ランキングの順位が決まります。クリックするとランキングサイトへ進みますが、必要なければそのまま閉じて下さい。 
Source: 素人投資家の株日記

スポンサーリンク
おすすめの記事