オススメのバイナリーオプション業者↓

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションは、
私みたいな初心者やアマチュアな投資家に対しても、
新しい選択肢を与えてくれますよね♪

 

さらに、業者にとっても新たな収益源となるバイナリーオプション取引は、
「手数料なし」 が常識。。。

 

何かおかしいと思いませんか?
世の中そんなに甘い話が転がってるわけじゃないですよね。

 

その手数料に代わる業者の収益源が何なんだろう?
ってことを考えると、きっと答えが出るはず!

 

それに、それを知ることで、
バイナリーオプションを有利に進められるかもしれないですね(。>∀<。)

 

業者にとってバイナリーオプションの最大の収益源

バイナリーオプションの最大の収益源は、

顧客(私とかアマチュア)の資金!

これにつきます( ;´─`)

 

バイナリーオプションは、基本的に顧客と業者の相対取引なんですよね。
相対取引とは、顧客からの注文をすべて受け、
多数派の予想が外れれば、 予想が当たった少数派への払い戻し分を引いた金額が、
営業収入となるわけで。

 

多数派の予想が的中したときには持ち出しとなるので、
販売に制限を設けたり、極端に売りと買いのどちらかに集中したときは、
金融取引業者が リスクを買って、回避するために取引するってこと。

リスクヘッジをおこなうため、 業者のリスクはほとんどないといわれています。

こうした仕組みが成り立つのは、投資家の勝率が低いから!

 

BOの理論上の勝率は50%ということになっていますが、
実際にはもっと低く、 20〜30%前後と推測されています。

つまり、、70%の投資家が損をしている!∑(゚Д゚ノ)ノ わけで、
その分が業者の収益になっている計算になるんですね。

 

FXで勝てる確率は10〜 20%なので、
それに比べればまだ高いほうだけど、
負け組が多いのは事実なんですよね。

 

ペイアウト倍率から収益源を確保する方法

バイナリーオプションでの業者の収益源2つ目は、
ペイアウト倍率を75%~95%前後にするということ。

上と下にかける金額が同額だと仮定すると、
予想が当たったほうに、負け分のすべてを渡したとしても、
総購入金額の5%〜25%が残ることになりますよね。

 

多数派が少数派よ り5%〜25%以上多いときに、
初めて支払いロスが発生しますが、、、
このような ケースは稀!

ほとんどの商品で25%以内の収入を手にできるんですね!

手数料がなくとも、業者は儲かる仕組みを持っているんですねー。

怖いですねー。

負けたくない!業者の肥やしになりたくない!です(T_T)

 




コメントを残す