オススメのバイナリーオプション業者↓

ボリンジャーバンドとはBB(ビービー)線とも呼ばれる

ボリンジャーバンド シグマ

ボリンジャーバンドとは、真ん中の線が移動平均を表す線だそうです。

 

移動平均線の上下に値動きの幅を示す線があって、
一つ上がプラス1σ(シグマ)、
そのさらに一つ上がプラス2σ(シグマ)って感じで名付けられています。

 

移動平均線の下にある線が、マイナス1シグマ、マイナス2シグマって表示されていて、
これが記号表記になると、
+3σ、+2σ、+1σ、移動平均線、-1σ、-2σ、-3σになるんですね。

上の図のほうがわかりやすく書いてありますね。

 

1980年頃、ジョン・ボリンジャーという人が考えた指標。
「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学からできた線らしく、
ここから大幅に外れたりすると、反発すると考えられているそうです。

 

ボリンジャーバンドは、収束と拡散を繰り返していて、
多くの人がこのボリンジャーバンドと別の指標を組み合わせてエントリーしているようです。

 

ボリンジャーバンドといったら、かなり有名な線なので、
知っておいて損はないですね☆

 

ボリンジャーバンドは、
「順張り」「逆張り」それぞれの投資に利用することができます。

 




コメントを残す